研友会は東北大学金属材料研究所の同窓会とし、1932(昭和7)年に会員相互の親睦
及び学理と実際の普及を図ることを目的に創設されました。

 
研友会の始まり

 研友会は、昭和7年、本多先生を慕う弟子たちによって発足しました。下記の本多先生の祝辞は、昭和7年4月4日に東京・新橋駅楼上東洋軒において研友会の発会式が行われた時のものです。 
 本多先生を始め全国から多数の会員が出席されて、午後6時開会、挨拶、発会までの経過報告、本多先生の祝辞があった後、会員各自の振るった自己紹介に爆笑、研究所在所当時の気分を満喫した後、会則の審議、会長の指名、支部長の推薦等があって、盛会のうちに午後10時30分解散したとのことです。


祝辞
本多光太郎
 今夕、研友会の発会式に御招待を受け、茲に皆様に親しく御眼にかかる機会を得たのは私の大に欣幸とする所であります。金属材料研究所が創立されて以来、巳に13年になりますが、其間の或る期間、本研究所の職員として、或は研究生として研究に従事せられた方々で、現在、社会の各方面に働いて居らるる人が非常に多数に上り各地に活動して居らるる事は、本邦工業の為め真に慶賀に堪えません。
 今回、是等の諸君が寄集って研友会を組織せられ、お互の親睦と知識の交換とを計られるのは、真に結構な次第で、謹で御祝い申し上ます。金属に関する研究は、最近、異常の発展を為しつつありますから、会員諸君が時々会合して、或は、自己の研究を発表し、或は各国の新研究を紹介して、知識の交換を計らるる事は、諸君の発展の為めに必要なるのみにならず、また諸君の関係せらるる各種工業に取っても非常に有益な結果を持来することと考えます。
 終りに、諸君の御努力によって、今後、研友会が次第に発展し、大いに、本邦工業界に資せらるる様切望する次第であります。
昭和 744

会長挨拶

新会長のあいさつ
中嶋一雄
 この度、平成30年11月22日の総会の承認に基づき、研友会の会長をお引き受けすることになりました中嶋です。現役時代には、懇親会や理事会・総会にたびたび出席させて頂きましたが、退職してからは、遠地に居りました関係で、しばらく研友会にはご無沙汰を致しておりました。これを契機に、小林副会長および理事の方々と共に、研友会の発展のために精一杯努力したいと思いますので、会員各位のご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 本多光太郎先生の実学の理念に基づいた、材料の研究開発拠点である金属材料研究所で、短期間在籍して学ばれた研究生の方々が、終了後も金研とのつながりを保っておきたいということで発議されたのが研友会の基になっています。その後、本多先生のご意見を伺い、金研の親睦機関として1932年に研友会が発足しました。研友会はその成り立ちから、かつて金研に籍を置いた方はどなたでも入れましたし、金研の職員も賛助会員になっていました。現在の会則では、金研教員は正会員ですが、かつて金研に籍を置いた教職員はじめ学生、大学院生だった方も申請によって正会員となることができます。このように、研友会は、会誌の発行、講習会や親睦会の開催、研究助成などの事業を通じて、金研の関係者の方々の親睦・研究援助機関として長年活動してきました。また、研友会は東北大学の校友会組織である東北大学萩友会の部局同窓会としても参加し、活動しています。
 研友会は昨今、財政的な制約により、以前より活動範囲が限られてきており、多くの方々に会員になって頂くための方策と活動が現執行部に強く求められています。そのため、新規会員候補の名簿や研友会のホームページを充実して新会員獲得のアピールを行い、全国規模のネットワークを強化し、会員相互の連係を密にする必要があります。研友会の充実は、産・官・学に跨る金研OBと現職員のネットワークを強化することにより、会員間の情報交換の機会を増し、本所およびOBの方々の研究活動に大きなプラス要因になると信じます。金研の現職員はもちろん、かつて在職された方、併任教授や客員教授、大学院修士あるいは博士課程に在学された方および研究生・研究員として在籍された方も、国籍を問わず是非とも研友会に入会くださるようお勧めいたします。また、会員各位におかれましては、どうぞ新会員の獲得、研友会活動へのご協力をお願い申し上げます。
 会誌を充実させることも執行部に重要な仕事です。研友会は会員間の情報交換の場であると共に、外から見た研究所の有り方に関するご意見番的な役割も担っています。会誌や講演会を通じて、OBの先生方の貴重な研究・教育の経験を若い研究者の方々へ伝承し、その励みとすることは本所にとっても非常に有効と考えます。現在の研究所に関して気づかれた点や最近のご活動を、積極的にご寄稿・発表頂いただき、皆様のご意見を反映していきたいと思います。また、各支部のご意見や活動状況を常に賜りたくお願い申し上げます。何分まだ不慣れな役割ですので、OBの皆様方のご支援・ご協力を賜りますよう、新執行部を代表して、宜しくお願い申し上げます。

 

新着情報

2022.04.29

中嶋英雄大阪大学名誉教授が令和4年春の叙勲で瑞宝中綬章を受章しました。

2022.03.15

齊藤英治教授の日本学士院賞受賞が決定しました。(詳細はこちら

2022.02.23

花田修治名誉教授が第63回本多記念賞を受賞しました。(詳細はこちら

2022.02.02

東北大学特別招聘プロフェッサーの佐川眞人博士のエリザベス女王工学賞が決定。(詳細はこちら)

2022.01.04

花田修治名誉教授が第71回河北文化賞を受賞しました。(詳細はこちら)

2021.12.28

東北大学特別招聘プロフェッサーの佐川眞人博士がIEEE Medalの受賞者に決定。(詳細はこちら)

2022.02.01

ホームページリニューアルしました。談話室も新しくなっていますので是非ご利用ください。

2020.06.05

住所変更届を作成しました。(入会案内・変更届案内はこちら)

2019.08.08

東北大学112周年ホームカミングデー開催のご案内

2019.02.18

ホームページをリニューアルしました

2018.09.29

宮城萩友会が発足しました 発足のご挨拶

2016.05.26

金属材料研究所 創立百周年記念式典等が行われました

活動

2020.06.05

【延期のお知らせ】研友会東北支部講演会

活動

会合

役員

会則


フォトギャラリー

本多光太郎先生
東北支部講演会

お知らせ


バックナンバー


事務局

住所

〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1 東北大学金属材料研究所内

TEL

022-215-2181

FAX

022-215-2184

E-mail

imr-ken-u_at_grp.tohoku.ac.jp (_at_を@に変えてください。)

担当

秩父 梓